アクアポニックスとは

 

最も地球にやさしい農業

アクアポニックスは、水産養殖(魚の養殖)と水耕栽培(土を使わずに水で栽培する農業)を掛け合わせた、新しい農業。魚と植物を1つのシステムで一緒に育てます。魚の排出物を微生物が分解し、植物がそれを栄養として吸収、浄化された水が再び魚の水槽へと戻る、地球にやさしい循環型農業です。

アメリカのアクアポニックス施設
 
 

アクアポニックスの誕生

 

ルーツは西暦1000年

「アクアポニックス」(aquaponics)という言葉は1970年代に誕生。2つの単語を掛け合わせた造語です。水産養殖を意味する「Aquaculture」の"アクア"と、水耕栽培の「Hydroponics」の"ポニックス"からきています。

ルーツは、西暦1000年頃にまでさかのぼります。メキシコの原住民族のアステカ族が実践していた農法「チナンパ」です。川に植物を育てるための島をつくり、そこで人々は農業を行っていました。これがアクアポニックスの原点だと言われています。

>> さらに詳しく

アクアポニックスの原点「チナンパ」
 

世界で注目されるアクアポニックス

 

地球環境にやさしく、生産性が高い農業として、世界中で導入されているアクアポニックス。近年では、都市農業や家庭用途としても広がりをみせています。新鮮なオーガニック野菜と魚を育てる食料生産から、家庭菜園・食育・園芸介護まで。その可能性に世界が注目しています。

 
屋内型アクアポニックス

植物工場

温室型アクアポニックス

グリーンハウス

都市農業型アクアポニックス

屋上菜園

世界の関連企業

関連企業

 
 

アクアポニックスの特徴7つ

 

土づくり、水やりは不要

アクアポニックスでは土を必要としないので、大変な「土づくり」の労力と知識は必要ありません。また、面倒な水やり、施肥、除草も不要なため、負担なく、気軽にはじめられます。

アクアポニックスでは土を必要としません。
 
 

魚の水換えも不要

アクアポニックスでは、植物と微生物などの力によって水がキレイになるので、面倒な水槽の水換えは不要です。飼育の知識がなくても、不安なく、魚をイキイキと育てることができます。

アクアポニックスでは土を必要としません。
 
 

完全オーガニック

アクアポニックスでは、農薬や化学肥料は使用しません。農薬を使用すると、それが魚の水槽にも流れ、魚が死んでしまうからです。アクアポニックスで育った野菜や魚は、結果的に完全オーガニック(無農薬)になります。

アクアポニックスで育った無農薬の野菜を収穫
 
 

虫がつきにくい

アクアポニックスでは土を使わないので、土に産卵したり、土を住処とする害虫はつきません。また環境をコントロールできるので、システムを清潔に保ちやすく、室内でも安心です。

アクアポニックスでは土づくりが必要ありません。
 
 

生態系の縮図を体感

アクアポニックスの一番の特徴は、その"循環性"。魚が汚した水を微生物が分解し、それを栄養として植物が吸収、浄化された水が再び魚のタンクに戻るという"小さな生態系の成り立ち"を、自宅に再現し、楽しみながら体感することができます。

アクアポニックスに触れる子供たち
 
 

魚も一緒に飼える

アクアポニックスでは、野菜やハーブだけではなく、魚も一緒に育てることができます。子供やご年配の方でも親しみやすく、これは今までの農業にはない新しい魅力です。

アクアポニックスでは野菜と魚を一緒に育てることができます。
 
 

高齢者でも作業しやすい

アクアポニックスでは、腰を曲げずに(立ったままで)作業が可能です。高齢者はもちろん、車椅子の方でも負担なく日々の手入れを行うことができます。

高齢者や車椅子にもやさしいアクアポニックス
 
 

商業アクアポニックスとしての可能性

 

高い生産性

野菜の生産と魚の養殖を同時に行うことで、特に野菜の生産性が高まります。露地栽培の約2.6倍の生産性を持ち、1反(1000㎡)の土地で、約11トンの野菜と、約5トンの魚を生産できます(*1)

循環型農業であるため、水や肥料などのコストが下がり、作業工程が減る、または単純化されることで、メンテナンスの負担も軽くなります。加えて、魚も出荷できるため、投資回収も早まり、食料生産として効果が高い農業として注目が高まっています。

*1・・・『Just Food』(James McWilliams著)より

商業アクアポニックス
 
 

CSR

自然の力を生かした、地球環境に最もやさしい循環型農業として、海外では企業の社会的活動(CSR)との繋がりも強い農業です。近年では、ホテルリゾート等への導入事例も生まれ、その環境性から、コミュニティ作りや食育ツールとして設置されています。

商業アクアポニックス
 
 

水が貴重な地域への導入

アクアポニックスは、使う水の量を従来の農業の10%にまで抑えることが可能です。オーストラリアや中東地域での展開や、カリフォルニア州の深刻な干ばつの解決策としても注目されています。国連により、資源が不足している紛争地域(ガザ)や、最貧国(ハイチ)などへの技術指導もはじまっています。

商業アクアポニックス
 
 

設置場所や規模は自由自在

規模は、室内でも楽しめる小型タイプから商業規模の大型まで。土を使わないため場所の制限を受けず、海外では都市農業の新しい形として、スーパーの屋上やオーガニックフードコートへの設置、有効活用されていない土地や施設(倉庫や工場など)を再利用する形で広まってきています。

商業アクアポニックス
 
 

育てられる魚・植物

アクアポニックスでは、代表例としてこのような魚・植物を育てることができます。

 
アクアポニックスで育てられる魚と植物
 
 

システムの種類

 
  C/F F&D CHOP CHOP 2 DWC NFT
野菜の栽培方法 培地(ハイドロボール 水耕
作りやすさ
音の静けさ
メンテナンスのしやすさ
デザインの自由度
安定性(水質・温度)
育てられる野菜の種類
サイズ 小型
(家庭用)
小〜中型
(家庭〜施設用)
大型
(商業用)
中〜大型
(施設〜商業用)
 

C/Fシステム

F&D

もっともシンプルな家庭向けシステム

野菜ベッドと魚タンクのみで構成される、もっとも一般的なシステム。作りやすく、メンテナンス負担も軽いため、初めてのDIY向きです。野菜ベッドにはハイドロボール(培地)を使います。野菜ベッド内の水位は常に一定です。

F&Dシステム

F&D

C/F + 多品種栽培

C/Fに比べて、育てられる植物の品種が多くなるシステム。野菜ベッド内の水位が満水と空を繰り返すことで、(空になった際に)根に酸素が行き渡ると共に植物の根腐れを防ぎます。家庭でアクアポニックスを楽しみたい方におすすめです。

CHOPシステム

CHOP

F&D + たっぷりの野菜収穫

F&Dの野菜ベッドが2個以上になったシステム。その分、収穫量が増えます。貯水タンクが加わることで全体の水量が増え、水質の安定性が上がります。また、魚タンクの水位も一定に保つことができるので、魚への負担も軽減されます。家庭の裏庭やベランダ、施設で楽しみたい方におすすめです。

CHOP 2システム

CHOP2

CHOP + 楽な設計

CHOPから派生したシステム。水は貯水タンクから野菜ベッドと魚タンクの両方に送られ、これによってタンク間の高低差を考慮する必要がなくなり、設計がより簡単に、幅も広がります。家庭の裏庭やベランダ、施設で楽しみたい方におすすめです。

DWCシステム

DWC

もっとも拡張性の高い商業用システム

商業用途として、世界中で採用されているシステム。植物の栽培には培地は使用せず、野菜ベッドに浮かべたシートの上で育てます。拡張性が高く、全体的な水量が増えるため水質の安定性も上がります。ビジネスとして検討されている方におすすめです。

NFTシステム

NFT

形はアイデア次第のパイプ状システム

パイプ状の野菜ベッドによって、様々な形状にデザインできるシステム。DWC同様、植物の栽培には培地は使用せず、少量の水が常に流れるパイプ内で育てます。これによってスペースの有効活用ができる点も特徴です。施設やレストラン、商業用途など、限られたスペースに導入したい方におすすめです。