アクアポニックス Q&A

 

基本情報

Q. アクアポニックスってなに?
A. アクアポニックスは、水産養殖(魚の養殖)と水耕栽培(土を使わずに水で栽培する農業)を掛け合わせた、新しい農業。魚と植物を1つのシステムで一緒に育てます。

魚の排出物を微生物が分解し、植物がそれを栄養として吸収、浄化された水が再び魚の水槽へと戻る、地球にやさしい循環型農業です。 さらに詳しく

Q. 循環の仕組みって?
A. 魚の排泄物によってアンモニアが発生すると、それを微生物が亜硝酸塩(あしょうさんえん)に、さらに硝酸塩(しょうさんえん)に分解します。植物がこの硝酸塩を栄養として吸収し、浄化された水が再び魚の水槽に戻ります。 さらに詳しく

Q. どんな場所に設置できるの?
A. 日光の照射時間が1日6時間以上確保できる場所に設置してください。
難しい場合は、別途ライト(別売)を設置することで日光の届かない室内でも設置が可能です。

Q. 農薬/化学肥料は使えるの?
A. 魚に影響が出てしまうので、使用できません。アクアポニックスは、完全オーガニック(有機)です。

魚について

Q. どんな種類を飼育できるの?
A. 基本的には淡水魚を飼育することができます。金魚、メダカ、タナゴ、ドジョウ、ザリガニ、コイ、ナマズ、ティラピアなどです。初心者には、丈夫な金魚がおすすめです。

Q. 魚のエサはなにを与えればいいの?
A. 基本的には、市販されているエサで問題ありません。栄養バランスに優れ、魚や植物に必要なタンパク質を豊富に含んでいます。

Q. エサは1日何回与えればいいの?
A. 基本的には、1日1〜2回、朝夕に与えてください。エサは、3分で完食できる量とし、食べ残しは取り除きましょう。水質悪化の原因となります。

植物について

Q. どんな種類が育てられるの?
A. 葉物野菜やハーブ類がおすすめです。具体的には、ルッコラ、サラダ菜、青ネギ、シソ、バジル、イタリアンパセリ、コリアンダー、ミントチャイブ類などの栽培ができます。 リストを見る

Q. 植物を植えるときはどうすればいいの?
A.
苗の場合
市販されている苗を野菜ベッドに植えつけます。移植時は、泥などをしっかりと水で洗い落とし、水を吸収できるよう根(の先端)が水に浸るように植えましょう。苗の販売ページはこちら

種の場合
1. 野菜ベッドに種を蒔きます。種の多くはそのままハイドロボールの隙間(湿り気のある場所)に落ち、自然に発芽します。種の販売ページはこちら

2. 発芽しにくい種は、1日水に浸した後、湿らせたティッシュ等で包み、ビニール袋に入れて3〜5日間冷蔵庫で寝かしましょう。タネから少し発芽しているのを確認できたら蒔いてください。

3. 外殻が固いコリアンダーなどは、板ずり等で外殻を割るとよいでしょう。

挿し木の場合
植物の種類によっては挿し木をそのまま野菜ベッドに移植できます。例えば、バジルやミントなどが可能です。移植時は先端が野菜ベッド内の水位より下にくるようにしましょう。

Q. 育った作物は食べても大丈夫ですか?
A. アクアポニックスで育った作物は全てオーガニック(有機)の安全なものです。美味しく食べることができます。

メンテナンス(世話)

Q. どんなメンテナンスが必要なの?
A. 原則として1日1回の魚のエサやりと、週に1回の蒸発した分の水足しです。水を足すときは、野菜ベッドから入れても問題ありません。

Q. 水換えは必要なの?
A. アクアポニックスでは、原則として水換えは不要です。ただし、急激な水質・外観の悪化が起こった場合は、最大3/4程の水換えを行いましょう。水換え時は、カルキ抜きを入れることを忘れずに。

Q. 水槽にコケが生えたらどうすればいいの?
A. 魚タンクへの直射日光を避けたとしても、時間の経過でどうしても藻やコケが発生してしまうことがあります。これは、硝酸塩が多く発生し、これを吸収するのに十分な植物がないことが原因の可能性があります。これによって、日光が当たったときに藻やコケが生長してしまうためです。

対策としては、専用のコケ取りで水槽を掃除すること、もしくはコケを食べてくれる生物(プレコやオトシンクルスなど)などを投入する方法があります。循環が安定してくると、藻やコケを抑えやすくなります。 さらに詳しく

虫対策について

Q. 虫の予防、駆除はどうすればいいですか?
A. 予防の場合は、「アロマニーム」を1000倍で希釈した液を、週1回、植物の葉面に散布してください。駆除の場合は、500倍に希釈して使用ください。その他、(魚や微生物に)影響のない有機の市販物を使用してください。

その他

Q. 高すぎる(低すぎる)pHはどう調整すればよいですか?
A.
<pHが7.5より高いので下げる場合>
1〜2週間そのまま様子を見ましょう。多くの場合は、自然に下がります。それでも下がらない場合は、 市販のリン酸またはボルヴィックなどの中性・軟水のミネラルウォーターを加えてください。

<pHが6.5未満なので上げる場合>
市販の炭酸カルシウム、または貝殻などをネットなどに入れて投入しましょう。野菜ベッドのハイドロボール内、もしくは水槽内に投入します。

Q. ハイドロボール(培地)に白い粉のようなものが付着してるけど大丈夫?
A. 問題ありません。水に含まれるミネラル(カルシウムやマグネシウムなど)などが蒸発して結晶化したものです。無害ですが、気になるようであれば、ハイドロボールを水洗いすることで洗い落とすことができます。

 

さかな畑 カスタマーサポート

アクアスプラウト ~さかな畑~」ご購入者を対象に、
無料でサポートを行っています。
気になっていることや悩みを解決します!