top
 
 
 

全5タイプ、家庭用から商業用まで

アクアポニックスのシステムタイプは、全部で5種類。家庭用途から商業用途まで、目的に合ったシステムを見つけましょう。

各システムの特徴(作りやすさ、メンテナンス性、デザイン性、サイズなど)やDIYマニュアルを参考にすると、製作がよりスムーズになります。

各タンク、培地、試薬など

システムが決まったら、DIYのための資材・ツールを購入しましょう。資材は、野菜ベッド、魚タンク、ハイドロボール、水中ポンプ、配管などが主に必要になります。循環立上げ時や運転時に必要な、水質調整剤や試薬などもそろえておくと安心です。

詳細ページでは、各資材・ツールを「製作時」「循環立上げ時」「運転時」の3つに分けて紹介しています。システムを置く場所や、完成後もイメージしながら、必要なものをそろえていきましょう。

必要な工具をそろえよう

システムを決め、資材がそろったら、必要な工具をそろえて、いよいよDIYスタートです。

詳細ページでは、電動ドライバー、ホールソー、パイプカッター、高速切断機などを紹介しています。予算とも相談しながら、スムーズな製作のために必要な工具をそろえていきましょう。

 

各システムの特徴

 
  C/F F&D CHOP CHOP 2 DWC NFT
野菜の栽培方法 培地(ハイドロボール 水のみ
作りやすさ
メンテナンスのしやすさ
デザインの自由度
安定性(水質・温度)
育てられる野菜の種類
サイズ 小型
(家庭用)
小〜中型
(家庭〜施設用)
小〜中型
(家庭〜施設用)
大型
(商業用)
中〜大型
(施設〜商業用)
 
 

C/Fシステム

C/F

もっともシンプルな家庭向けシステム

野菜ベッドと魚タンクのみで構成される、もっとも一般的なシステム。作りやすく、メンテナンス負担も軽いため、初めてのDIY向きです。野菜ベッドにはハイドロボール(培地)を使います。野菜ベッド内の水位は常に一定です。

F&Dシステム

F&D

C/F + 多品種栽培

C/Fに比べて、育てられる植物の品種が多くなるシステム。野菜ベッド内の水位が満水と空を繰り返すことで、(空になった際に)根に酸素が行き渡ると共に植物の根腐れを防ぎます。家庭でアクアポニックスを楽しみたい方におすすめです。

CHOPシステム

CHOP

F&D + たっぷりの野菜収穫

F&Dの野菜ベッドが2個以上になったシステム。その分、収穫量が増えます。貯水タンクが加わることで全体の水量が増え、水質の安定性が上がります。また、魚タンクの水位も一定に保つことができるので、魚への負担も軽減されます。家庭の裏庭やベランダ、施設で楽しみたい方におすすめです。

CHOP 2システム

CHOP2

CHOP + 楽な設計

CHOPから派生したシステム。水は貯水タンクから野菜ベッドと魚タンクの両方に送られ、これによってタンク間の高低差を考慮する必要がなくなり、設計がより簡単に、幅も広がります。家庭の裏庭やベランダ、施設で楽しみたい方におすすめです。

DWCシステム

DWC

もっとも拡張性の高い商業用システム

商業用途として、世界中で採用されているシステム。植物の栽培には培地は使用せず、野菜ベッドに浮かべたシートの上で育てます。拡張性が高く、全体的な水量が増えるため水質の安定性も上がります。ビジネスとして検討されている方におすすめです。

NFTシステム

NFT

形はアイデア次第のパイプ状システム

パイプ状の野菜ベッドによって、様々な形状にデザインできるシステム。DWC同様、植物の栽培には培地は使用せず、少量の水が常に流れるパイプ内で育てます。これによってスペースの有効活用ができる点も特徴です。施設やレストラン、商業用途など、限られたスペースに導入したい方におすすめです。