レボックス株式会社 岩田さん
(ビジネスコース第2期卒業生)

 
岩田さん

岩田さん

アクアポニックスとの出会い

2年程前に英会話の先生(アメリカ人)から聞いたのが最初です。斬新、かつ地球に優しく、未来的な農法だと感じ、興味を持ちました。

現在の活動について

LED等の光製品、画像計測装置等を開発するメーカー(レボックス株式会社)に勤務しています。

相模原市の「新技術実用化コンソーシアム形成支援事業」において、アグリ分野における取組として家庭用アクアポニックス2点(キャビネットタイプと重箱をモチーフにしたNano Garden)を製作、ワールドフルーツEXPOへ出展したところ多くの反響を頂くことができました。

現在、展示物は介護施設に貸出しており、ここでも大変好評を得ています。

レボックス株式会社 >>> http://revox.jp/

受講のきっかけ

「新技術実用化コンソーシアム形成支援事業」におうち菜園の濱田社長をアドバイザーとしてお招きした際に、アカデミーの存在を知りました。

ちょうどメーカーとしてアクアポニックス製品の開発へ向けて、基礎から体系的に学ぶ必要性を感じていた頃だったため、受講を決めました。

受講を終えて

魚、水、植物、エサのバランス、水質管理、循環の方法等、基礎から応用まで、きめ細かく親切に教えていただき、大変有意義な時間でした。また仕事で出席できなかった分は、補講で対応いただけたので助かりました。

今後の活動について

食糧問題の解決策としてアクアポニックスを推進することで、人類の豊かさと発展に貢献していきたいと思います。

まずは農業経験のない人でも容易に導入でき、楽しみながら運用できるアクアポニックスを提案していく予定です。