アクアポニックス・アカデミー DAY2

代表ブログ

きょうはアクアポニックス・アカデミーのDAY2でした。

前回の講座(DAY1)では、下記の概要について学びました。

1.アクアポニックスとは?
2.循環(窒素循環)
3.収穫量
4.用途
5.システムの種類
6.栽培可能な植物・魚

なぜアクアポニックスをやるのか?

加えて、『なぜアクアポニックスをやるのか?』について、改めて考える機会を設け、有機農業と水産養殖の歴史と現状について話しました。経験上、続けるためには、ここが大事なのですよね。

アクアポニックスは3者のチームワーク

そして、きょうのテーマは、『システムの構成要素と必要な設備』

<目的>
システムの構成要素とバランスの仕組み(相関)を理解して、システムを自分でデザインできるようになる。
第1部:システムの構成要素
第2部:植物・魚・水のバランス

アクアポニックスは、「植物」+「魚」+「微生物」の3者が共生する“生態系”をつくり、その自然の力(生物サイクル)を生かして野菜や魚を育てます。一度その生態系(共生環境)ができれば、後のメンテナンスはかなり楽になります。(※土づくり、水やり、施肥、除草、そして魚の水換えが原則不要)

アクアポニックスに影響する要素を大まかに言うと、共生環境に影響するのが「酸素」「pH」「水温」、植物に影響するのが「光」「栄養分」、魚に影響するのが「エサ」です。

難しく聞こえますが、きちんとした栽培システムをつくり、そのなかで生態系(共生環境)ができれば、極端に言うと、人が行うのは毎日のエサやりと週に1回蒸発した水を足してあげるくらい。自動給餌器をセットすればエサやりも不要です。

※上記は家庭菜園の話。商業レベルになると更に高度な管理手法が求められますが、全て講義内で学べます。

主な栽培システムは5種類

アクアポニックスの主なシステムは5種類あって、各々に特性があります。希望する設置場所
や野菜の品種・収量によって一番良いものを選ぶわけですが、どのシステムを選ぶかで、その
構成パーツも異なります。

きょうは主に、その各パーツの素材・形状・大きさ・価格・仕入先に加え、育てる植物と魚の
数のバランスについて学びを深めていきました。

エクセルでシンプルに

いろいろ書くと難しく感じてしまいますが、簡単にいうと、『どの野菜をどれだけ育てたいか』
と『システムをどこに置きたいか』の2つだけ決めれば、あとはエクセルの計算式で、その規模、
魚と野菜タンクの容量、魚の数、1日のエサの量などを簡単に導き出せるようにしています。

インプットはできるだけ多く、アウトプットはできるだけシンプルに。

DAY3も喜んでもらえるようベストを尽くします。

補足:2019年1月時点においてアクアポニックス・アカデミーは通学コース(2日間集中講座)とオンラインコースの2つがございます。

アクアポニックスのノウハウや世界に広げる過程についてSNSで発信しています。

Twitter:@aquaponic_s

Instagram:@aquaponic_s

Facebook:@ouchisaien

<アクアポニックス商品(サービス)のご案内>

●アクアスプラウトSV(家庭用キット)
アクアスプラウトSV~さかな畑~

●アクアポニックス講座を受講する
アクアポニックス・アカデミー

●アクアポニックスを本で学ぶ
実践マニュアル本

●DIYで作る
設計図・資材をみる

<お知らせ>
株式会社アクポニでは、無料のアクアポニックス説明会を実施しています。
アクアポニックスの仕組みや活用事例など、まずは情報収集をしたいという方におすすめです。
ぜひお申込みください。

日時:毎週水曜・土曜 10:00~11:00
形態:オンライン(水曜)または弊社農場(土曜)

農場見学
神奈川県藤沢市にある試験農場と生産農場を同時に見学できます。
農場見学について

アクアポニックス・アカデミー
日本初のアクアポニックスについて基礎から応用まで体系的に学ぶことができる学校。
アクアポニックスを学ぶ

オンラインショップ「おさかな畑」
家庭用キットやアクアポニックスに必要な資機材を販売中
おさかな畑HP
記事一覧へ

CONTACTお問合せ

ご興味がありましたら、お気軽にWebフォームよりご連絡くださいませ。