アクアポニックス・アカデミー DAY3

代表ブログ

きょうはアクアポニックス・アカデミーのDAY3でした。

テーマは、『水質パラメーターとシステムの立ち上げ』

<目的>
水質パラメーターと窒素循環の相関を理解し、システムを自分で立ち上げられるようになる。
第1部:水質パラメーターの理解
第2部:窒素循環の方法
第3部:栽培工程

特に、第1と第2部は、アクアポニックスにおいて極めて大事なポイントです。

水質パラメーターについて

pH、アンモニア、亜硝酸塩、硝酸塩、水温、溶存酸素量などの、植物や魚の健全な生長に
影響する水質要因を指します。きょうはその理想値と安全値、各々の相関性や調整方法に
ついて学びました。簡単にいうと、これらの指標でシステムの健康状態を把握して、異常
もしくはそれを予見したら、すぐに治していきましょうね、ということです。

予防が大事

治療よりも予防を重視したほうが効率よく経済的なのは、人間の場合と同じですね。
そのためには、原理原則に従って、日々の管理をきちんと行うことです。その辺りの
ティップを知っているだけで、その後の管理も楽になります。

窒素循環について

窒素循環は、自然界において恒常的に起きている普通のことです。アクアポニックスでは
システム内でこの窒素循環を起こし、この力を借りることで、魚から発生するアンモニア
が、最終的には植物の栄養素となります。

システムを稼動させてから、窒素循環がはじまるまでには、約3~5週間を要します。
この循環がはじまると、その後のメンテナンスは楽になり、植物も魚もよく育ちます。

待つことが大事

逆をいえば、窒素循環がはじまるまでは水質が不安定なので、水質チェックを行い、必要
に応じた処置を施す必要があります。循環をはじめるには、大きく2つの方法(魚ありと
魚なし)があり、どちらも講座で学ぶことができます。

この循環がはじまることを、「循環が立ち上がる」「水ができる」「生物サイクルがはじまる」
などの言い方をします。

露地栽培とアクアポニックスの栽培工程

アクアポニックスの(植物の)栽培工程を露地と比べるとこうなります。

土がないので、工程はシンプルになりますね。きょうは、各々の工程詳細を学びました。

次回のDAY3では、植物の生育条件にあった環境操作、システム全体のメンテナンスについて
学びます!

補足:2019年1月時点においてアクアポニックス・アカデミーは通学コース(2日間集中講座)とオンラインコースの2つがございます。

アクアポニックスのノウハウや世界に広げる過程についてSNSで発信しています。

Twitter:@aquaponic_s

Instagram:@aquaponic_s

Facebook:@ouchisaien

<お知らせ>
株式会社アクポニでは、無料のアクアポニックス説明会を実施しています。
アクアポニックスの仕組みや活用事例など、まずは情報収集をしたいという方におすすめです。
ぜひお申込みください。

日時:毎週水曜・土曜 10:00~11:00
形態:オンライン(水曜)または弊社農場(土曜)

農場見学
神奈川県藤沢市にある試験農場と生産農場を同時に見学できます。
農場見学について

アクアポニックス・アカデミー
日本初のアクアポニックスについて基礎から応用まで体系的に学ぶことができる学校。
アクアポニックスを学ぶ

オンラインショップ「おさかな畑」
家庭用キットやアクアポニックスに必要な資機材を販売中
おさかな畑HP
記事一覧へ

CONTACTお問合せ

ご興味がありましたら、お気軽にWebフォームよりご連絡くださいませ。