自作アクアポニックス用水槽の設計と構築

代表ブログ

自作アクアポニックス用水槽の設計と構築について紹介します。

アクアポニックスシステムにおいて水槽は中心的な役割を果たし、適切な設計はシステム全体の効率と生物の健康に直結します。
DIYとして自作水槽を設計する際には、耐久性のある材料の選定、適切なサイズの計測、そして水循環システムの効率的な配置を心がける必要があります。

水槽として使用できるものとしては、プラ舟などのプラスチック製のもの、PVCシートを利用したもの、FRP製のものなどがあります。
それぞれ価格や機能性にはメリット・デメリットがあるため、どの程度の規模で行うのか、水槽を設置する場所はどこか、予算はどのくらいかなどの視点から資材を決めていく必要があります。

FRP製の水槽
PVCシートを使った水槽

これらのノウハウはアクアポニックス・アカデミーで体系的に学ぶことができます。
まずは無料説明会から参加してみてください。
アクアポニックス・アカデミー無料説明会はコチラ

この記事の内容についてさらに詳しく知りたい方は、こちらのブログがおすすめです。
アクアポニックスの超基礎④ どんな種類のシステムがあるの?
自作アクアポニックスキットの作り方【DIYマニュアル】

<お知らせ>
株式会社アクポニでは、無料のアクアポニックス説明会を実施しています。
アクアポニックスの仕組みや活用事例など、まずは情報収集をしたいという方におすすめです。
ぜひお申込みください。

日時:毎週水曜・土曜 10:00~11:00
形態:オンライン(水曜)または弊社農場(土曜)

農場見学
神奈川県藤沢市にある試験農場と生産農場を同時に見学できます。
農場見学について

アクアポニックス・アカデミー
日本初のアクアポニックスについて基礎から応用まで体系的に学ぶことができる学校。
アクアポニックスを学ぶ

オンラインショップ「おさかな畑」
家庭用キットやアクアポニックスに必要な資機材を販売中
おさかな畑HP
記事一覧へ

CONTACTお問合せ

ご興味がありましたら、お気軽にWebフォームよりご連絡くださいませ。