• ホーム
  • お知らせ
  • 【カギを握るのは微生物】アクアポニックスで栄養素が作られるしくみ

【カギを握るのは微生物】アクアポニックスで栄養素が作られるしくみ

代表ブログ

アクアポニックスの世界では、微生物が重要な役割を果たしています。
このシステムは魚と植物を一緒に育てることで、お互いの生態系を支え合っています。
でも、どうやって微生物が栄養素を作り出しているのでしょうか?

魚の排泄物を栄養に大きく育ったレタス

簡単に言うと、魚の排泄物が微生物によって分解され、それが植物の育成に必要な栄養素に変わるんです。
このプロセスは自然の循環を真似ていて、化学肥料に頼らずに植物を育てることができます。
そのため、アクアポニックスは持続可能な農業の新しい方法として注目されています。

チョウザメも非常に飼育しやすい魚の1つ
アクアポニックスで、最も多く飼育されているティラピア

皆さんも、この革新的な方法で地球に優しい栽培を始めてみませんか?

より詳しく知りたい方は、こちらの記事も読んでみてください。
アクアポニックスの超基礎② 魚で野菜が育つとはどういう仕組み?

<お知らせ>
株式会社アクポニでは、無料のアクアポニックス説明会を実施しています。
アクアポニックスの仕組みや活用事例など、まずは情報収集をしたいという方におすすめです。
ぜひお申込みください。

日時:毎週水曜・土曜 10:00~11:00
形態:オンライン(水曜)または弊社農場(土曜)

農場見学
神奈川県藤沢市にある試験農場と生産農場を同時に見学できます。
農場見学について

アクアポニックス・アカデミー
日本初のアクアポニックスについて基礎から応用まで体系的に学ぶことができる学校。
アクアポニックスを学ぶ

オンラインショップ「おさかな畑」
家庭用キットやアクアポニックスに必要な資機材を販売中
おさかな畑HP
記事一覧へ

CONTACTお問合せ

ご興味がありましたら、お気軽にWebフォームよりご連絡くださいませ。