• ホーム
  • お知らせ
  • 米国デトロイト州で初のアクアポニックス農場「CDC Fishery & Farm」が誕生。運営は非営利の社会活動団体「Central Detroit Christian」

米国デトロイト州で初のアクアポニックス農場「CDC Fishery & Farm」が誕生。運営は非営利の社会活動団体「Central Detroit Christian」

代表ブログ

デトロイト州で初のアクアポニックス農場

この記事のポイント
・広さは6千平方フィート
・1,700匹の魚が泳ぐ
・改装や設備にかかったコスト

米国デトロイト州では初となるアクアポニックス(魚耕栽培)農場が誕生している。運営は非営利の社会活動団体「Central Detroit Christian」(以下、CDC)。

「CDC Farm & Fishery」と呼ばれる農場の広さは、6,000平方フィート(557平方メートル)。大きな2つの水槽には合計1,700匹の魚が泳ぎ、野菜やマイクログリーン(若菜)が栽培されている。

photo credit: Ann Millspaugh via Flick

建設は2年半ほど前に完了したそうだが、元は酒屋だった場所をCDCが譲り受けたことがきっかけだったという。最初はコインランドリーとして運用していたが、機器の重量問題が原因で失敗。その後、CDC創業者のLisa Johanon氏が水を活用した食料生産について調べ始め、アクアポニックスに出会った。

Lisa氏は、業界のプロであるRandy Walker氏と出会い、その土地は酒屋、コインランドリーを経て野菜と魚の農場へと生まれ変わった。ちなみに、改装や設備には合計18万ドルを費やしているという。

現在はまだ収穫物の販売はスタートしていないが、状態が整えば毎月約40kgの魚、30kgの野菜、20gのマイクログリーンが販売できるとのこと。販売先は地域のレストラン、ホテル、量販店などを予定している。

一度は「自動車の街」として大きく発展したデトロイトだが、2013年7月には財政破綻を経験しており、”雇用創出”は街の大きな課題だ。こうした状況下でアクアポニックスがどれだけ雇用を生み出し、住民に新たな技術や希望を与えることができるか、期待していきたい。

Reference: SustainableCitiesCollective

アクアポニックスのノウハウや世界に広げる過程についてSNSで発信しています。

Twitter:@aquaponic_s

Instagram:@aquaponic_s

Facebook:@ouchisaien

<アクアポニックス商品(サービス)のご案内>

●アクアスプラウトSV(家庭用キット)
アクアスプラウトSV~さかな畑~

●アクアポニックス講座を受講する
アクアポニックス・アカデミー

●アクアポニックスを本で学ぶ
実践マニュアル本

●DIYで作る
設計図・資材をみる

<お知らせ>
株式会社アクポニでは、無料のアクアポニックス説明会を実施しています。
アクアポニックスの仕組みや活用事例など、まずは情報収集をしたいという方におすすめです。
ぜひお申込みください。

日時:毎週水曜・土曜 10:00~11:00
形態:オンライン(水曜)または弊社農場(土曜)

農場見学
神奈川県藤沢市にある試験農場と生産農場を同時に見学できます。
農場見学について

アクアポニックス・アカデミー
日本初のアクアポニックスについて基礎から応用まで体系的に学ぶことができる学校。
アクアポニックスを学ぶ

オンラインショップ「おさかな畑」
家庭用キットやアクアポニックスに必要な資機材を販売中
おさかな畑HP
記事一覧へ

CONTACTお問合せ

ご興味がありましたら、お気軽にWebフォームよりご連絡くださいませ。