• ホーム
  • お知らせ
  • トロントにて大規模な商業アクアポニックス施設が完成。担当したのはコンサル企業「Waterfarmers」

トロントにて大規模な商業アクアポニックス施設が完成。担当したのはコンサル企業「Waterfarmers」

代表ブログ

この記事のポイント
・300匹のティラピアやマスが泳ぐシステム
・大規模商業システムの先駆けとして
・従来の農業に比べ、成長が20〜40%早い

トロント(カナダ・オンタリオ州)にて、大規模な商業アクアポニックス(魚耕栽培)施設が完成している。担当したのは、アクアポニックスのコンサル企業「Waterfarmers」。

完成したのは今年4月頃。施設の広さは2,000平方フィート(約186平方メートル)。水槽ひとつには300匹のティラピアやマスが泳ぎ、全体の水量は13,000リットルにもなる。

photo credit: Cara Harpole via Flickr

今回のプロジェクトを担当した「Waterfarmers」のEven Bell氏は、「私たちはこれからもっと多くのオンタリオ州の農業団体と繋がっていきたいと思っています。そして、これを食料問題の新たな解決策として捉え、取り組んでいきたい。」と意気込み、従来の農業への刺激や導入の促進を目指す。

市内にはすでに多くの施設が存在しているが、その多くは趣味目的の小規模なものか、大規模でも高等学校での教育目的が多いという。今回のような大規模商業システムはまだまだ少ない。

アクアポニックスシステムの多くは、肥沃な土壌が不足している乾燥地帯で活躍しているが、Even氏の施設はカナダのような冬が厳しい地域でもできるという可能性を示してくれている。施設では水温安定のためのヒーターを導入しているが、冬になると魚をティラピアからマス(低温に強い)に切り替えるなどの工夫をしている。

施設の運営は、パートナーである「Fresh City Farms」が請け負っており、すでに何度かの収穫を経験。一番多いときで500株のレタスと数ポンド(1ポンド=453グラム)のバジルを収穫している。従来の土を使う農業と比べ、成長が20〜40%早いと感じているそうだ。

アクアポニックスのノウハウや世界に広げる過程についてSNSで発信しています。

Twitter:@aquaponic_s

Instagram:@aquaponic_s

Facebook:@ouchisaien

<アクアポニックス商品(サービス)のご案内>

●アクアスプラウトSV(家庭用キット)
アクアスプラウトSV~さかな畑~

●アクアポニックス講座を受講する
アクアポニックス・アカデミー

●アクアポニックスを本で学ぶ
実践マニュアル本

●DIYで作る
設計図・資材をみる

<お知らせ>
株式会社アクポニでは、無料のアクアポニックス説明会を実施しています。
アクアポニックスの仕組みや活用事例など、まずは情報収集をしたいという方におすすめです。
ぜひお申込みください。

日時:毎週水曜・土曜 10:00~11:00
形態:オンライン(水曜)または弊社農場(土曜)

農場見学
神奈川県藤沢市にある試験農場と生産農場を同時に見学できます。
農場見学について

アクアポニックス・アカデミー
日本初のアクアポニックスについて基礎から応用まで体系的に学ぶことができる学校。
アクアポニックスを学ぶ

オンラインショップ「おさかな畑」
家庭用キットやアクアポニックスに必要な資機材を販売中
おさかな畑HP
記事一覧へ

CONTACTお問合せ

ご興味がありましたら、お気軽にWebフォームよりご連絡くださいませ。