• ホーム
  • お知らせ
  • テキサス州の団体「Shepherd’s Heart」がアクアポニックスシステムを建設予定。エンジニアと組み、2000世帯分の食料生産を目指す

テキサス州の団体「Shepherd’s Heart」がアクアポニックスシステムを建設予定。エンジニアと組み、2000世帯分の食料生産を目指す

代表ブログ

この記事のポイント
・州内の大学からの設備寄付
・地元のエンジニアとタッグ
・毎月2000世帯を養える施設へ

米国テキサス州の団体「Shepherd’s Heart」(以下、SH)が、展示用のアクアポニックス(魚耕栽培)システムの建設をスタートしている。まずは展示用を完成させ、その後大規模なシステムを大学に導入予定だという。

現在はアクアポニックスの可能性を訴えるための展示用システムを建設しており、まだプロトタイプ段階。州内のベイラー大学からの設備の寄付を受け、地元のエンジニアMichael Kemp氏と組んでプロジェクトを進めている。

「このシステムは、少ない労力でより多くの収穫物を得ようとするものです。」(Michael Kemp氏)

photo credit: The Shepherd’s Heart

展示用システムの完成後には、「Texas State Technical College」にて大規模システムを建設予定。今年の冬の完成を目指し、その2ヵ月後には最初の収穫を想定している。

収穫物の半分は、今後の資金のために地域のファーマーズマーケットで販売され、残りは寄付するとのこと。

SHのディレクターRobert Gager氏は、州内の貧困の改善策としてアクアポニックスに可能性を感じており、最終的には1~2ヘクタール規模で毎月2000世帯を養える施設を作り上げたいと語っている。

SHの公式サイトによると、テキサス州では4人に1人の5歳以下の子供(23.3%)が食料不足の環境下で暮らしており、これを全ての年齢層に広げてもアメリカで2番目に高い比率を持っているという。

こうした背景がありSHでは、去年だけで4万世帯に食料を提供し、その量は60万kgにもなった。この活動を、アクアポニックスによって新しいフェーズへと進めていく。

アクアポニックスのノウハウや世界に広げる過程についてSNSで発信しています。

Twitter:@aquaponic_s

Instagram:@aquaponic_s

Facebook:@ouchisaien

<アクアポニックス商品(サービス)のご案内>

●アクアスプラウトSV(家庭用キット)
アクアスプラウトSV~さかな畑~

●アクアポニックス講座を受講する
アクアポニックス・アカデミー

●アクアポニックスを本で学ぶ
実践マニュアル本

●DIYで作る
設計図・資材をみる

<お知らせ>
株式会社アクポニでは、無料のアクアポニックス説明会を実施しています。
アクアポニックスの仕組みや活用事例など、まずは情報収集をしたいという方におすすめです。
ぜひお申込みください。

日時:毎週水曜・土曜 10:00~11:00
形態:オンライン(水曜)または弊社農場(土曜)

農場見学
神奈川県藤沢市にある試験農場と生産農場を同時に見学できます。
農場見学について

アクアポニックス・アカデミー
日本初のアクアポニックスについて基礎から応用まで体系的に学ぶことができる学校。
アクアポニックスを学ぶ

オンラインショップ「おさかな畑」
家庭用キットやアクアポニックスに必要な資機材を販売中
おさかな畑HP
記事一覧へ

CONTACTお問合せ

ご興味がありましたら、お気軽にWebフォームよりご連絡くださいませ。