• ホーム
  • お知らせ
  • パレスチナの大学「Lehigh University」の生徒が中型アクアポニックスシステム「Food Cube」を建設。手軽、簡単、持続可能な農業を広める

パレスチナの大学「Lehigh University」の生徒が中型アクアポニックスシステム「Food Cube」を建設。手軽、簡単、持続可能な農業を広める

代表ブログ

この記事のポイント
・1000リットルの水槽で泳ぐティラピア
・システム名は「Food Cube」
・システムの販売も視野に

ベツレヘム(パレスチナ、ヨルダン川西岸地区)の大学「Lehigh University」の生徒らが、中型のアクアポニックス(魚耕栽培)システムを建設している。

「Food Cube」と呼ばれるシステムでは、1000リットルの水槽内で10匹ほどのティラピアが元気に泳いでいる。初期費用は500ドルで、まだまだ発展段階ではあるが、従来の農業で使う水の90%を節水できているという。

システム内では、ティラピアの排泄物(アンモニア)がバクテリアによって分解され、植物が吸収し浄化された水が再び戻る”循環性”が再現されており、無駄なものは一切ない。

photo credit: Lehigh SDEV Aquaponics

このシステムをきっかけに、もっと手軽で簡単、そして持続可能な農業を広めたいと生徒らは考えている。そうした暮らしをサポートするために、希望者へのシステム販売も今後は検討していくという。

「周辺地域では地元の食料品を買える環境が減っており(フードデザート問題)、栄養失調になっている人たちもコミュニティ内では増えています。こうした課題をアクアポニックスは改善できると感じています。」(メンバーのひとり、Jeff Schwartz氏)

中東地域では、FAOのサポートによるガザ地区での設置事例を以前紹介した。こうした食料危機が起こりつつある地域でアクアポニックスがどのように活躍していくのか、見守っていきたい分野である。

Reference: WFMZ

アクアポニックスのノウハウや世界に広げる過程についてSNSで発信しています。 Twitter:@aquaponic_s Instagram:@aquaponic_s Facebook:@ouchisaien
<アクアポニックス商品(サービス)のご案内>

●アクアスプラウトSV(家庭用キット)
アクアスプラウトSV~さかな畑~

●アクアポニックス講座を受講する
アクアポニックス・アカデミー

●アクアポニックスを本で学ぶ
実践マニュアル本

●DIYで作る
設計図・資材をみる

<お知らせ>
株式会社アクポニでは、無料のアクアポニックス説明会を実施しています。
アクアポニックスの仕組みや活用事例など、まずは情報収集をしたいという方におすすめです。
ぜひお申込みください。

日時:毎週水曜・土曜 10:00~11:00
形態:オンライン(水曜)または弊社農場(土曜)

農場見学
神奈川県藤沢市にある試験農場と生産農場を同時に見学できます。
農場見学について

アクアポニックス・アカデミー
日本初のアクアポニックスについて基礎から応用まで体系的に学ぶことができる学校。
アクアポニックスを学ぶ

オンラインショップ「おさかな畑」
家庭用キットやアクアポニックスに必要な資機材を販売中
おさかな畑HP
記事一覧へ

CONTACTお問合せ

ご興味がありましたら、お気軽にWebフォームよりご連絡くださいませ。