• ホーム
  • お知らせ
  • インディアナ州の医療用ワイヤー製造企業が商業アクアポニックス農場「Get Fresh Farms」を設立。年内のUSDAオーガニック認証の取得を目指す

インディアナ州の医療用ワイヤー製造企業が商業アクアポニックス農場「Get Fresh Farms」を設立。年内のUSDAオーガニック認証の取得を目指す

代表ブログ

この記事のポイント
・毎年1,500kgのティラピアを生産
・レタス、ケール、ハーブ類を栽培
・他の魚も検討中

米国インディアナ州にある医療用ワイヤーを製造販売する企業「Fort Wayne Metals」が商業アクアポニックス(魚耕栽培)農場「Get Fresh Farms」(以下、GFF)を設立している。生産物は周辺のレストランやファーマーズマーケットで販売され、通販も行っているとのこと。

施設の広さは不明だが、水槽の数は合計13、毎年約1500kgのティラピアが生産できており、これに毎月収穫される300kg〜450kgのレタス、ケール、スイスチャード、ハーブ類などが加わる。今後は、パーチやマスの養殖も検討中。

photo credit: journalgazette.net

今年中の”USDA(米国農務省)オーガニック認証”の取得を目指しており、これが実現すれば、州内では商業農業としては初となるそうだ。
GFFは、「Fort Wayne Metals」のCEOであるScott Glaze氏が自社で運営しているレストランに新鮮な野菜と魚を届けるため、2年前にスタートした。最初は研究とデザインが主な目的であったが、Adam Bouthot氏(現GFFビジネスマネージャー)と出会い、商業農場としても動き出した。
GFFで収穫された生産物は、周辺200km以内のレストランや地域の住民を対象に販売されており、冬でも問題なく稼働できているという。

「冬も問題なく生産できており、実はこの時期が一年で一番忙しいときです。」(Adam Bouthot氏)

オーガニック認証というと、以前紹介したハワイの農場「Iliili Farm」が取得し、レタス、白菜、コリアンダーなどを販売していると書いた。

アクアポニックスの循環は環境に訴えかける面も強いが、同時にこうした認証を取得することで消費者への安心感にも繋がる。こうした動きがアメリカ以外でも今後出てくるかもしれない。

アクアポニックスのノウハウや世界に広げる過程についてSNSで発信しています。

Twitter:@aquaponic_s

Instagram:@aquaponic_s

Facebook:@ouchisaien

<アクアポニックス商品(サービス)のご案内>

●アクアスプラウトSV(家庭用キット)
アクアスプラウトSV~さかな畑~

●アクアポニックス講座を受講する
アクアポニックス・アカデミー

●アクアポニックスを本で学ぶ
実践マニュアル本

●DIYで作る
設計図・資材をみる

<お知らせ>
株式会社アクポニでは、無料のアクアポニックス説明会を実施しています。
アクアポニックスの仕組みや活用事例など、まずは情報収集をしたいという方におすすめです。
ぜひお申込みください。

日時:毎週水曜・土曜 10:00~11:00
形態:オンライン(水曜)または弊社農場(土曜)

農場見学
神奈川県藤沢市にある試験農場と生産農場を同時に見学できます。
農場見学について

アクアポニックス・アカデミー
日本初のアクアポニックスについて基礎から応用まで体系的に学ぶことができる学校。
アクアポニックスを学ぶ

オンラインショップ「おさかな畑」
家庭用キットやアクアポニックスに必要な資機材を販売中
おさかな畑HP
記事一覧へ

CONTACTお問合せ

ご興味がありましたら、お気軽にWebフォームよりご連絡くださいませ。